[ カテゴリー » 開発日誌 » JavaScript ]

HTML5 FileAPIの不満な点

category-icon

 こんにちは、martinです。なかなかまとまった時間が取れないので、ppBlogの最新版をリリースできずにいます(--)

 最新版のバージョンとしては、v1.9.0を予定しています。新機能としては、コメント認証機能だとか、HTML5を意識したppBlogエンジンでしょうか(ちなみにテーマBasicのソースはHTML5仕様ですよ)。

 で、このHTML5なんですが。過去のエントリーでいくつかあるように、最新版では、記事投稿の際に複数ファイルアップロードが可能になっています。HTML5のFileAPILink を積極的に採り入れたものにしようか、それとも「レガシーな」もので実現させるか迷いましたが、とりあえず「レガシー」なバージョンで行こうと思います。理由はいくつかありますが、一番の理由は、どうもHTML5のFileAPIの使い勝手が悪い点です。

 ブログでの写真投稿において、一度に複数枚の写真を選択してアップロードできる点は、HTML5を使う魅力のひとつですが、この「複数枚のファイルを選択」というのが、どうも洗練されていない印象です。例えば、アップする写真を複数枚決めてそれをアップロードする場合を考えてみます。頭の中では、大まかに写真をのせる順番が決まっていて、ファイル選択画面から、コントールキー(CTRL)を押しながら、順序良く写真をいくつか選んだとします。最新のブラウザなら以下のように、multipleを指定するだけで、この複数枚選択という動作が可能になります。

<input type="file" name="src[]" multiple />

でも、残念なことに、この選んだ順序というのは、FileListLink には反映されないのです。否応なしに、ファイル選択画面上で表示されている通りの順序になるようです。何か、選んだ順序を紐付けするような属性が欲しくなります。

 もうひとつ。選んだ複数枚のファイルは、FileList配列に収められて、あたかも配列のようにDOM操作が可能ですが、この配列は、readonly、つまり読み取り専用Link のようです。たとえば、ちょっと余分に画像を選んじゃったよ、という場合に、その余分なファイルだけをリストから除きたいというケースは、間違いなく出てくると思いますが、そういう操作は出来ないようです。再度、すべてのファイルを選び直す必要があります。これは、ユーザーには使い勝手が悪いですね。

 というわけで、上記の理由により、ppBlogではW3C FileAPIの積極的な採用は見送りました。でも、HTML5に頼らずとも、一度に複数枚のファイルのアップロードは可能です。Stickmanさんが、2005年に、すでにそういうギミックを見付けていましたLink 。最初見たときは、目から鱗でした。やってることはすごくシンプルなんですが、まさにコロンブスの卵ですね。で、彼のスクリプトは、ppBlogにはちょっと冗長でしたので、参考にしつつ、ppBlog仕様にしました。実際のデモを見てみましょう。尚、デモでは「アップロード」ボタンは、文字通りただのボタンなので、実際にはファイルはアップロードされませんが、雰囲気は十分に伝わると思います。

レガシーな複数ファイルアップロードのデモ →http://p2b.jp/demo/EasyFileUpload.htmlLink

 また、Firefox最新版など、File APIに十分対応しているブラウザでは、選んだ画像をサムネイル表示するようにしています。Firefoxだと以下のようなスクリーンショットです。Firefox以外では、普通に選んだ画像のファイル名が選んだ順にリスト表示されます。

MFU-shot
Firefox3.6でのスクリーンショットです。

この部分のスクリプトは以下の感じ。

 if(window.File && window.FileList && window.FileReader){ // FileAPIに対応しているなら
  var file = el.files[0];
  if(file.type.match(/image.*/)){
   var reader = new FileReader(); // FileReader オブジェクト!
   reader.onload = function(){
    var span = d.createElement("span");
    span.innerHTML = '<img class="thumb" src="' + this.result + '" alt="preview" /> (' + Math.round(file.size / 1000) + ' KB)';
    li.insertBefore(span, li.lastChild);
   };
   reader.readAsDataURL(file); // 画像データの読み込み
  }
 }

 レガシーなインターフェイスですが、任意のリストを削除出来ますし、HTML5仕様より却って高機能(=使い勝手が良い)な気がします。

 ちなみに、デモのソースを見ていただけると分かりますが、INPUT[type=file]要素に、レガシーにonchangeイベントハンドラを仕込んでいます。document.addEventListerで監視しても良いのですが、IEでは、onchangeイベントがバブルしないようで:(

 余談ですが、「目から鱗」の語源は、新約聖書の「使徒行伝(しとぎょうでん)」中のエピソード、見えなくなっていたパウロLink (サウロ)の目からうろこのようなもの(コンタクトレンズ?)が外れて再度見えるようになったという「パウロの回心」からですね。「豚に真珠」と同様、日本とか中国由来と思いきや、新約聖書からの諺です。

   


— posted by martin at 09:28 pm   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

IE9ではDOMContentLoaded をサポートするようだ

category-icon

 こんにちは、martinです。久しぶりの書き庫な気がします。

 IE9のプラットフォームプレビューLink が出ていたんで、インストールしてみました。最初に試したことは、他の主要なブラウザでは実装済みのDOMContentLoadedがサポートされているかなぁ、ということでした。現時点では、まだでしたが、IEBlogLink によると今後のロードマップに、DOMContentLoadedのサポートがあるようです。DOMContentLoaded自体は、DOM Level 3 Eventsには定義されていないので、IE9が標準仕様に忠実であろうとするならば実装は微妙だなぁ、と思っていたんですが、HTML5には定義されていますLink (注意: リンク先はかなりページが重い)ね。

 IE9でDOMContentLoadedがサポートされるのはまことに喜ばしいことですが、IE9が普及するのはまだまだずっと先の話でしょう。なので現状では、IE向けにはDOMContentLoaded相当の機能を自前で実装する必要があります。世の中には、jQueryを始めとした便利なJavaScriptライブラリーがいくつかありますが、猫も杓子もDiego Perini氏が発見したdoScrollメソッドを使う手法Link に則っています。ppBlogでのoParts.jsでも、doScrollの実行をもって、DOMパース完了とみなすやり方で実装しています。

 さて、このdoScrollメソッドですが、MSDNの説明にあるように、

The doScroll method is available on all objects, regardless of whether they support scrollbars.

引用元: doScroll Method (A, ABBR, ACRONYM, ...)Link

 ほぼすべての要素について適応可能です。多くのJavaScriptライブラリーでは、

document.documentElement.doScroll('left');

 というふうに、document.documentElementに適用しているケースが殆どですが、何でも良いので、以下のようなやつもOKです。

(function(){
  if(navigator.userAgent.match(/MSIE/)){ // IEなら
   try {
     new Image().doScroll(); // new Imageオブジェクトについて適用
     onReadyFunc(); // DOM構築後に最初に呼び出す関数
   } catch(e){ setTimeout(arguments.callee, 1);}
  } else { // IE以外
   document.addEventListener("DOMContentLoaded", onReadyFunc, false); // DOM Level 3 Events相当
  }
})();

 別にnew Imageオブジェクトをdocument.bodyappendChildする必要もありませんし、メモリーリークも起こしません。以下のようにコメント文を生成するメソッドcreateComment()を用いても良いでしょう。これも、既存の文書に作ったコメントをappendする必要はなく、ただ宣言するだけで動きます。

(function(){
  if(navigator.userAgent.match(/MSIE/)){ // IEなら
   try {
     document.createComment().doScroll(); // document.createCommentについて適用
     onReadyFunc(); // DOM構築後に最初に呼び出す関数
   } catch(e){ setTimeout(arguments.callee, 1);}
  } else { // IE以外
   document.addEventListener("DOMContentLoaded", onReadyFunc, false); // DOM Level 3 Events相当
  }
})();

 doScroll()の引数は省略可能です。省略するとscrollbarDownが適用されるので、document.documentElement.doScroll()だと、実際に画面がスクロールしてしまうかもしれません(なのでたいてい”left”を指定している)。new ImageやcreateCommentだと、DOMツリーに追加するわけではないので引数は省略して構いません。

 new Image().doScroll()なんて、短い記述で済むんでいいなぁ、と思うけれど。

 


— posted by martin at 09:50 am   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

CSS3のtransformをIE8でも使いたい

category-icon

 こんばんは、martinです。FirefoxやWebKit系のSafari、グーグルのChromeなどは、CSS3の魅力的な機能を色々取り入れています。中でも、CSS3のtransformLink やドロップシャドウ系は、ブログで写真を見せる場合などに凝った演出が出来るので、仕様が正式に決まるのが待ち遠しいですね(そう言えば、ボックスのドロップシャドウ box-shadowですが、CSS3の勧告候補から消えたLink のかなぁ)。便利な仕様だとは思うのですが。

 ちなみに、transformとは「変形」のことで、CSSのみで画像やらボックスやらを自在に回転させたり、ゆがませたりできる優れものです。で、例によってIE系はCSS3の対応は遅れています。とは言っても(これまたいつものように)transformに関しては、IEは実にIE5.5の時から似たようなものを実装していましたLink ! なので、それらを駆使すれば、CSS3相当のtransformが実装できそうです。

 transformが使えると何がうれしいって、例えば以下のようなポラロイド写真みたいなギャラリーがCSSのみで簡単に出来ます。実は下のショットはIE8でのものです。
CSS3-transform-IE8
IEでもCSS3のtransform相当のことが出来る

 画像の回転に関して、FirefoxやWebKit系は、画像の中心を回転軸として回転させます(なので回転軸は移動しない)。これは直感的で分かりやすいです。これに対して、IEは回転軸が指定した回転角度によって刻々と移動します。なので、標準仕様に似せようと思うと、回転軸を動かさない様にするための補正計算が必要になります。この計算にちょっとてこずりましたが、何とか回転軸が動かないような補正をすることが出来ました。

IE rotation
IEでは、ボックスはx軸とy軸に2点が常に接しつつ、すべるように回転するので軸が常に動く。

 で、とりあえずモノになりそうなものが出来たのでデモサイトを挙げておきます。画像へのマウスオーバーで拡大なんてのもCSSのみで出来るのですが、それもIEで動くようにしています。

 

→「CSS3 Transformを使ったギャラリー(IE互換)Link

 FirefoxやSafariでは、完全にCSS3のみで実現していて、IEでは、IE特有のフィルター機能をJavaScirptを通して操作しています。ボックス要素のドロップシャドウについては、以前、まぁまぁ凝ったスクリプトを書きましたLink が、新たに要素を追加しないといけないなど、あまり納得のいくものではありませんでした。今回ドロップシャドウに関しては、あまり凝ることはせずに、IEのフィルター機能を素直にそのまま使っています。
progid:DXImageTransform.Microsoft.dropshadow(enable=true,OffX=3, OffY=7, Color='#11000000', Positive='true');

 実は最近知ったのですが、フィルターのColorには通常のRGB形式だけでなく、透明度も指定できる#AARRGGBBの形式が使えるので、黒色の透明度を高くすればより影っぽくなります。CSS3レベルのぼやけた感じまでは出ませんが、まぁ、これで良しとしましょう。

 使い方は、簡単で、形はHTCファイルですが、JavaScriptの外部ファイルとして動作するようにしてます。これは、以前のドロップシャドウのスクリプトと同じです。それをIEのみが解釈する条件コメントの中に書いています。
<!--[if IE]>
 <script type="text/javascript" src="js/css3transform.htc"></script>
<![endif]-->

 これを書いておくだけで、スタイルシートに記された

     -moz-transform: rotate(-2deg);
  -webkit-transform: rotate(-2deg);
          transform: rotate(-2deg);
などを解釈して、IEのフィルター機能(Matrix Filter)で同等のことを表現します。デモページにあるように、IEでもCSS3のtransformはおよそ実現できるみたいです(まぁ、そもそもがIEのMatrix仕様を参考に実装したのでしょうけど)。

 このスクリプトを添付しておきます。

添付ファイル: css3transform.htcattachedIcon 

 


— posted by martin at 01:02 pm   commentComment [20]  pingTrackBack [0]

localStorageでIE8がクラッシュする件 続き

category-icon

 こんばんは。前回の書き庫Link で、localStorageに空の値を入れるとIE8がクラッシュすると書きました。なので、空の値が入らないようなチェックを入れれば良いのですが、それだけだとナンなので、症状をもう少し追ってみました。

 もう一度、(IE8が)クラッシュするコードを書いておきます。
function addItem(){
 var key = document.getElementById("key").value;
 var value = document.getElementById("value").value;
 window.localStorage[key] = value; // valueが空白だとクラッシュ!
}
 以下のように、直接空の値を入れる分には大丈夫でした。
function addItem(){
 var key = document.getElementById("key").value;
 var value = document.getElementById("value").value; // これは使用しない
 window.localStorage[key] = ""; // 直接、空の値を入れる → これは大丈夫。
}

 ほうほう。で、クラッシュするデモページのHTMLソースをよく見てみると、input[type=text]でvalueの値を指定していないですね。もしかしてこのせいかなぁ、と

<input type="text" id="value" value="" />

value=""を追加しましたが、やっぱりクラッシュします。input[type=text]の値がないときでも、 document.getElementById("value").value はちゃんと文字列として解釈されます(typeof value == "string")。デモページは、input[type=text]のvalue値を取得していますが、これはTEXTAREA要素であっても、やはり内容が空っぽの場合、IE8ではクラッシュを引き起こしました。

 何でですかねぇ。試しに、強引に文字列ではないオブジェクトを入れてもクラッシュしません

window.localStorage[key] = document.getElementById("value"); // これは [object] という文字列に変換される

 確かに、文字列のstringだとブラウザが解釈しているのに、それが空っぽだとクラッシュするわけです。じゃ、以下はどうだろうか。

var empty = ""; // 空っぽの変数を用意する。
window.localStorage[key] = empty; // これはセーフ。クラッシュしない。

さすがにこれはオッケーです。じゃ以下はどうだろうか?

 var val = document.getElementById("val").value; // これが空っぽとする
 var empty = "";              // val もempty も空っぽの場合
 alert(empty === val); // 厳密等価演算子は true を返す
 window.localStorage[key] = val; // なのに、val だとクラッシュ!

 とりあえず string と認識しているはずなのに、代入する段階以降で、別のクラッシュを引き起こす「何か」と解釈されるらしい。というわけで、とりあえず以下のようにすれば、IE8でのクラッシュを回避できることが分かった。でも、ナンだかすっきりしないですね:(

function addItem(){
 var _key = document.getElementById("key").value;
 var _val = document.getElementById("val").value;
 window.localStorage[_key] = new String(_val); // new String()で明示してあげる
 alert("localStorage."+_key+" の値は「"+localStorage[_key]+"」です。");
}

new String()でちゃんと文字列オブジェクトとして再評価してあげると良いらしい。というわけで、IE8でもクラッシュしないlocalStorageのデモページをリンクしておきます。

 →http://p2b.jp/demo/localStorage2.htmlLink

 ちなみに、上のコードでalert(typeof new String(_val)) は何となるでしょうか? これは、 もはやstring ではなくobjectとなります。文字列オブジェクトです。

 

— posted by martin at 06:46 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

localStorageで空の値を入れるとIE8がクラッシュする件

category-icon

 こんにちは。そろそろppBlogにもlocalStorageGに対応したスクリプトを組み込もうかと思っていますが、IE8で空(から)の値を入れるとブラウザがクラッシュして終了する現象に遭いました。MacBook Pro上のVMware Fusionに入れたWindows7 RC版IE8で発生します。正規版だとOKなのかなぁ。

 簡単なデモを用意しました(IE8ならクラッシュしても良い状態でアクセス)。→http://p2b.jp/demo/localStorage.html

 Firefox3.5では値が空でもエラーも何も起きませんが、IE8では即座にクラッシュです。そのスクリーンショットをば。適当なキーを設定して(例えば「foo」)、値を何も設定せずに「追加」ボタンを押すと発生。

IE8-crashed
クラッシュしても自動的に復元されますが・・・。

上記ページのスクリプトはごくシンプルなもの。

if(typeof localStorage != "object"){
 if(typeof globalStorage == "object"){ // Firefox2 possible
  localStorage = globalStorage[location.hostname];
 } else alert("お使いのブラウザはこのスクリプトに対応していません。");
}

function addItem(){
 var key = document.getElementById("key").value;
 var value = document.getElementById("value").value;
 window.localStorage[key] = value;
}

 空の値かどうかチェックすれば済む話ですが。

関連エントリー(解決編?)

  ■http://p2b.jp/200912-localStorage-crashes-IE8-with-empty-value-part2

 


— posted by martin at 09:36 pm   commentComment [5]  pingTrackBack [1]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0086 sec.
prev
2017.8
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31