[ カテゴリー » 開発日誌 ]

カラーキーワードをHEXやRGBに変換したい

category-icon

 こんばんは。久しぶりにDean EdwardsLink のブログを覗いたら、MSIEでカラーキーワード(redとかtomatoとか)やらをHEX方式(#f01234とか)に変換するやり方が載ってました。

function toHex(color) {
  var body  = createPopup().document.body,
  range = body.createTextRange();
  body.style.color = color;
  var value = range.queryCommandValue("ForeColor");
  value = ((value & 0x0000ff) << 16) | (value & 0x00ff00) | ((value & 0xff0000) >>> 16);
  value = value.toString(16);
  return "#000000".slice(0, 7 - value.length) + value;
};
へぇ。これにも元ネタがあって、それはerik's weblogのコメントLink です。

 ppBlogには、cornerplay.jsというJavaScriptがあって、指定ボックスの角を丸くしたり凸凹にしたりできる動作を担当しています。具体的には以下のような感じです。

 こんな感じで、コーナーをちょいと変えると、見た目のアクセントになります。

 で、このボックスの背景色に、tomatoとかindigoとかlavenderなどのいわゆるカラーキーワードLink でも指定できるように、これらカラーキーワードをHEX方式に直した対応表も含めているんですよね(147色ぐらいある)。今、考えるとほかにもやりようがある気もしますが、当時は仕方ないなぁとその対応表をJSON配列にして含めてました。

 このDean Edwardsのやり方なら、対応表なんていりませんね。記述が短くなってファイルサイズも小さくなるだろうし言うことないです。ただ、これはIE限定なので、Firefoxやその他のブラウザでも動くように改良してみましょう。Deanは、「ほかのブラウザは、getComputedStyle()が使えるからバッチリだぜ。」って述べています。

 調べたところ、各ブラウザ(Firefox、Opera、Chrome・SafariなどのWebKit系)で結構動作が違っていて興味深かったです。ただ色の変換をしたいだけなのに、わざわざ既存のDOM構造に影響を与えるようなやり方(色を取得したいがために、document.createElementで新たに要素を作成して、それをdocument.body.appendChildしてDOM構造を改変した後で、getComputedStyle()にて色を取得)は、reflowの問題Link もあり出来れば避けたいところ。

 大体以下のような感じでいけそうです。

function ColorToHEX(color){
 var d = document, ecolor, element = d.createElement("button");
 element.style.color = color;
 ecolor = element.style.color; // ポイント!
 if(ecolor.indexOf("#") !== -1) return ecolor; // Operaの可能性が高い
 if(d.uniqueID){ // IE向け
  color = element.createTextRange().queryCommandValue("ForeColor");
  color = ((color & 0x0000ff) << 16) | (color & 0x00ff00) | ((color & 0xff0000) >>> 16);
  return "#" + ("000000" + color.toString(16)).slice(-6);
 } else { // IE以外のブラウザ
  if(/webkit/i.test(navigator.userAgent)){ // Google Chrome, Safariで基本カラーなら
   var basicColors = {
    "aqua" : "#00ffff", "black" : "#000000", "blue" : "#0000ff", "fuchsia" : "#ff00ff", "gray" : "#808080", "green" : "#008000",
    "grey" : "#808080", "lime" : "#00ff00", "maroon" : "#800000", "navy" : "#000080", "olive" : "#808000", "orange" : "#ffa500",
    "purple" : "#800080", "red" : "#ff0000", "silver" : "#c0c0c0", "teal" : "#008080", "white" : "#ffffff", "yellow" : "#ffff00"
   }
   for (var col in basicColors){
    if(color.toLowerCase() === col) return basicColors[col];
   }
  }
  if(ecolor.indexOf("rgb") !== -1){ // RGB形式で色を返した!
   color = ecolor;
  } else color = getComputedStyle(element, null).getPropertyValue("color");
  return "#" + color.replace(/rgb¥((¥d+?),¥s*(¥d+?),¥s*(¥d+?)¥)/g, function(a, r, g, b){
   return ("000000" + ((+r) * 65536 + (+g) * 256 + (+b)).toString(16)).slice(-6);
  });
 }
};
 流れとしてはこうです。
  1. IEでcreateTextRange()を使うのでBUTTON要素を作成。
  2. それに色を指定する。element.style.color = color
  3. 指定した色の取得。この時点で、OperaがHEX形式の値を返してくれる。Opera一抜け。
  4. 同様に、この時点で、IEはqueryCommandValue経由でBGR値を取得できるので、それをHEXに変換。
  5. IE以外でFirefoxは、ecolorは指定したままの値。getComputedStyleを使うとRGB値を返してくれる。
  6. WebKit系は振る舞いがややこしい。Webの基本17色、例えばredの場合、 ecolor = element.style.color にはredがそのまま入り、tomatoなどの拡張色ならRGB形式を返す。じゃ、getComputedStyleはどうかというと、まだDOMに組み入れていないので空の値を返す。
  7. なので、WebKit系で基本17色であれば、それはJSON対応させてHEX値を返すようにします。そうでなければ、RGB値を返してくれるのでHEX値に変換。
  8. 以上。document.body.appendChildなどでのDOM改変は必要ない点がポイントです。

 WebKit系の振る舞いが独特で、特別な処理が必要になりますが、いずれにせよ、DOMの改変を伴わなくて良いかなぁと(まぁcreateElementはしますが)。ちなみに、OperaでもgetComputedStyleは使えますが、FirefoxやWebKitがRGB値を返すのに対して、OperaはHEX値を返します。RGB値からのHEX値への変換は、いくつか方法があるでしょう。上では正規表現を用いています。逆にHEXからRGBへの変換も色々あると思います。

function HEXToRGB(hex){
 return hex.replace(/#?(¥w{2})(¥w{2})(¥w{2})/, function(a, r, g, b){ 
  return "rgb(" + parseInt(r, 16) + ", " + parseInt(g, 16) + ", " + parseInt(b, 16) + ")"}
 );
}

function HEXToRGB(hex){
 var color = parseInt(hex.replace("#", ""), 16);
 return "rgb(" + ((color >> 16) & 0xff) + ", " + ((color >> 8) & 0xff) + ", " + (color & 0xff) + ")";
}

などですかね。

 ついでなので、カラーキーワードからRGB値に変換する関数も挙げておきます。考え方は基本的に同じです。DOMの改変は必要ないです。

function ColorToRGB(color){
 var d = document, ecolor, element = d.createElement("button");
 element.style.color = color;
 element.style.display = "none";
 ecolor = element.style.color;
 if(ecolor.indexOf("rgb") !== -1) return ecolor; // WebKit系が一抜けする可能性あり。
 if(ecolor.indexOf("#") !== -1){ // OperaはHEX値を返す
  return ecolor.replace(/#?(¥w{2})(¥w{2})(¥w{2})/, function(a, r, g, b){ 
   return "rgb(" + parseInt(r, 16) + ", " + parseInt(g, 16) + ", " + parseInt(b, 16) + ")"}
  );
 }
 if(/webkit/i.test(navigator.userAgent)){ // WebKit系で、基本カラーの場合はRGB値を返さない
  var basicColors = {
   "aqua" : "rgb(0, 255, 255)", "black" : "rgb(0, 0, 0)", "blue" : "rgb(0, 0, 255)", "fuchsia" : "rgb(255, 0, 255)",
   "gray" : "rgb(128, 128, 128)", "green" : "rgb(0, 128, 0)", "grey" : "rgb(128, 128, 128)", "lime" : "rgb(0, 255, 0)",
   "maroon" : "rgb(128, 0, 0)", "navy" : "rgb(0, 0, 128)", "olive" : "rgb(128, 128, 0)", "orange" : "rgb(255, 165, 0)",
   "purple" : "rgb(128, 0, 128)", "red" : "rgb(255, 0, 0)", "silver" : "rgb(192, 192, 192)",
   "teal" : "rgb(0, 128, 128)", "white" : "rgb(255, 255, 255)", "yellow" : "rgb(255, 255, 0)"
  }
  for (var col in basicColors){
   if(color.toLowerCase() === col) return basicColors[col];
  }
 }
 if(d.uniqueID){ // IE用
  color = element.createTextRange().queryCommandValue("ForeColor");
  return "rgb(" + (color & 0xff) + ", " + ((color >> 8) & 0xff) + ", " + ((color >> 16) & 0xff) + ")";
 } else { // FirefoxはこれでRGB値を返す
  return getComputedStyle(element, null).getPropertyValue("color");
 }
}

 こんな感じですかねぇ。ファイルサイズが小さくなるなら、cornerplay.jsを書き換えても良いなぁ。

 ちなみに、圧縮したら920バイトになりました。

function ColorToHEX(b){var g=document,a,e=g.createElement("button");e.style.color=b;a=e.style.color;if(a.indexOf("#")!==-1){return a}if(g.uniqueID){b=e.createTextRange().queryCommandValue("ForeColor");b=((b&255)<<16)|(b&65280)|((b&16711680)>>>16);return"#"+("000000"+b.toString(16)).slice(-6)}else{if(/webkit/i.test(navigator.userAgent)){var f={aqua:"#00ffff",black:"#000000",blue:"#0000ff",fuchsia:"#ff00ff",gray:"#808080",green:"#008000",grey:"#808080",lime:"#00ff00",maroon:"#800000",navy:"#000080",olive:"#808000",orange:"#ffa500",purple:"#800080",red:"#ff0000",silver:"#c0c0c0",teal:"#008080",white:"#ffffff",yellow:"#ffff00"};for(var c in f){if(b.toLowerCase()===c){return f[c]}}}if(a.indexOf("rgb")!==-1){b=a}else{b=getComputedStyle(e,null).getPropertyValue("color")}return"#"+b.replace(/rgb¥((¥d+?),¥s*(¥d+?),¥s*(¥d+?)¥)/g,function(h,j,i,d){return("000000"+((+j)*65536+(+i)*256+(+d)).toString(16)).slice(-6)})}};

— posted by martin at 03:46 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

アクセス解析でドメイン毎にソート

category-icon

 こんにちは、martinです。もう師走はすぐそこですね。先日レヴィ・ストロースW氏が亡くなりました。何となく今年だろうなぁと思って、日記の方で新年の抱負Link を語っていたんですが、ちっとも進んでいません(--)

 フォーラムでアクセス解析関連のバグの報告がありました。→http://forum.p2b.jp/index.php?mode=box&UID=4592Link

 ホストごとの集計の際に、ピリオドで区切られた長いホスト名を短くする処理を入れていたんですが、ホスト名が取得できずにIPアドレスが登録されているときにも、これを適用してしまいIPアドレスが削られて表示されていました。なので正規表現部分を修正しました。

 これだけだと、1行だけの修正なんで、ついでにドメインごとの集計もする記述を加えました。
sortbydomain
こんな感じです。

 どういうドメインでソートするかは、374行目で指定しています。

 $sort_type = array('.jp', '.com', '.net', 'ne.jp', 'co.jp');
なので、例えば、or.jpad.jpなんかも追加したいということであれば、
 $sort_type = array('.jp', '.com', '.net', 'ne.jp', 'co.jp', 'ad.jp', 'or.jp');
みたいにすればOKです。自動的に認識されるかと思います。

 ファイルを添付しておきます。statディレクトリのものと入れ替えてください。

添付ファイル: view.phpattachedIcon 

— posted by martin at 09:10 pm   commentComment [5]  pingTrackBack [0]

16色のカラーパレット

category-icon

こんばんは。コメントで、ppBlogのエディタのカラーパレットが、色が豊富すぎるのでは?というご指摘があり、確かにそう思っていました。計算上は、1677万色程度の指定が可能ですので。

 ブログの文章で、そこまでの色数が必要かというとそうではないでしょうね。なので、基本となる16色のみに絞ったバージョンも用意してみました。スクリーンショットを挙げておきます。

base16
こんな感じの16色です。

 これを有効にするには、editor.jsの6行目にある変数を有効にします。

var useBasicColor = true; // これで簡易パレットになる

 false(あるいは0)を指定すれば、従来のカラーパレットです。

 ちなみに、簡易パレットの色は、editor.jsの593行目で指定しています。

var cols = '', bcolors = ['red','blue','yellow','black','green','silver','lime','gray','olive','white','maroon','navy','purple','teal','fuchsia','aqua'];

 お好みの順番や色に変えても良いでしょう。

 試されたい方はどうぞ。何か不具合を見つけましたらお知らせください。

添付ファイル: editor.jsattachedIcon 

— posted by martin at 06:26 am   commentComment [6]  pingTrackBack [0]

IEでCSS3のドロップシャドウを使いたい

category-icon

 こんばんは、martinです。CSS3+JavsScriptネタでも。目標は、IEでもCSS3のドロップシャドウ効果が得られるようになること。以下のような感じで、Firefoxとほぼ同等の効果を得ることが出来ます。左がIE8で右がFirefoxです。

[2010/08/04 01:02:25] プログラムアップデート→http://p2b.jp/2010/08/04/IE-compatible-CSS3-dropShadowLink

comparison
影のぼやけた感じも再現。
 CSS3では、テキストにドロップシャドウの効果を付けるtext-shadow定義されていてLink (まだドラフト段階かな)、既にFirefox3.5やSafari, Chrome, Opera10などは対応しています。典型的には、以下のような感じで指定します。
text-shadow: 1px 2px 3px tomato; // 順にx-offset、y-offset、ぼかし半径、影の色。最初に色指定でもOK。

 また、テキストに対する影だけでなく、DIVなどのボックス要素に対するドロップシャドウとして、box-shadowLink というのもあり、これは、FirefoxとSafari、Chromeで先行実装されています(Opera10はまだかな)。指定の仕方は、text-shadowと同様です。ほんとは、spread-radiusというオプションのパラメータもあるのですが、これはなくても良いんじゃないかと思ってます。

   -moz-box-shadow: 1px 2px 3px chocolate; // 順にx-offset、y-offset、ぼかし半径、影の色。
-webkit-box-shadow: 1px 2px 3px chocolate; // Safari, Chrome用の記述。

 また、box-shadow固有の属性として、insetというのがあります。これは、ドロップシャドウをボックスの内側に見せるものです。

   -moz-box-shadow: inset 0 0 1em red;
-webkit-box-shadow: inset 0 0 1em red;

 今のところ、insetオプションを理解するのは、Firefox3.5だけのようです。

 あれっ、ドロップシャドウって、IEが10年ぐらい前から実装してなかったっけ?と思う方もいるでしょう。そう確かにそんなものがありました。IE独自のフィルター機能を使ってそれっぽいことが出来ます。

 これらが紹介された当初はクールだと思いましたが、使い勝手が今イチだったのと、あとは、玉に瑕というか白璧の微瑕(はくへきのびか)だったと思うのは(ここまでいうと誉めすぎですが)、影の「ぼかし」が指定出来なかったことです。キリッとした輪郭の影では折角の魅力も半減です(個人的に)。おそらく、影のぼかしはそれなりにCPUのパワーを必要とするので、当時はまだ難しかったのかもしれません。なので、これらが広くWebサイトで使われるということはなかったです。AjaxのようにまたしてもIEの早すぎた実装だったわけです。

 昨今、パソコンの性能も上がり、IE以外のモダンなブラウザがCSS3のtext-shadowをサポートするようになったせいか、この頃は色んなサイトでドロップシャドウ効果を見かけるようになりました。

 なので、まだまだシェアの大きいIEでも、CSS3に準拠した、それらしいドロップシャドウを付けたいということで考えてみました。基本的な考え方は、上で述べたマイクロソフト独自のFilter BlurLink を用いて、影のぼかしを演出するということです。このBlurは、要素自体をぶれた表現にするので、それを別のレイヤーとして生成して、それを影を付けたい要素の背後に配置するというものです。別のレイヤー生成というと、大げさな気もしますが、ぼやけた感じを出すには、これ以外の方法はない気がしますし、Firefoxにしても、影は別レイヤーなんじゃないんでしょうか、知りませんが。

 とりあえず、それっぽいモノができたのでデモをお見せします。

 

IEでもCSS3のドロップシャドウを実現するデモLink

 text-shadowbox-shadowもカンマで区切った複数の指定が可能なので、これにも対応してみました。

.multi-text-shadow {
 font: bold 3em Arial, sans-serif; color: white;
 padding: 10px;
 text-shadow: 1px 2px 2px #555, 0 0 1em blue, 0 0 0.2em blue; /* ここでは3つ指定している */
}
 上の指定だと、以下のような感じになります。
multi-text-shadow
IE8でのスクリーンショットです。

 また、現時点では、Firefox3.5のみが対応しているinsetオプションも解するようにしてみました。IE8でのスクリーンショットをば。

inset-demo
なかなか良い感じでは。
 で、実際の設置方法ですが、なるべく簡単に設置できるように、外部スクリプトとしました。CSSでの記述は、特別なものは必要ないです。普通に上に挙げたような感じで、text-shadowやbox-shadowの指定をしておけば良いです。後は、ドロップシャドウを効かせたいページで、外部スクリプトを次のように呼び出せばOKです。
<script type="text/javascript" src="path/to/css3shadow.htc"></script>
 ファイルの名前css3shadow.htcさえ変えなければOKで、それを置いた相対パスを、各自で記述すれば良いです。

 これ以外の指定方法としては、このスクリプト自体は、完全にIE向けなので、Firefoxその他のブラウザには不要なものです。なので、その分のトラフィックを減らしたいということであれば、IE向けの条件コメントを使って、

<!--[if lt IE9]>
<script type="text/javascript" src="path/to/css3shadow.htc"></script>
<![endif]-->

でも良いと思います。これであれば、Firefoxなどではコメントとして解釈されるので、サーバーからcss3shadow.htcが呼び込まれることはないです。

 まだ、書き上げたばかりなんで、細かいチェックは出来ていませんが、外部スクリプトを呼び込むだけなので、気軽に試して頂けるかと思います。css3shadow.htcを添付しておきます。8KB未満の小さいファイルです。

 ちなみに、影の色指定ですが、透明度を設定できるrgba方式にも対応しています。これは、通常のRGB形式に加えて、4つめに透明度を指定出来るものです。ゼロで透明、1で不透明となります。

rgba(123, 100, 125, 0.3); /* 透明度30%の指定 */

 オフトピですが、RGBって、たまにRBGとタイプミスしたり、あれっ?どっちだっけと混乱するときがありますが、キーボードで、上から順にRGBとなっている、と覚えると良いです。

 以下、Mozillaの参考サイトを挙げておきます。

添付ファイル: css3shadow.htcattachedIcon 

— posted by martin at 12:35 pm   commentComment [14]  pingTrackBack [1]

縮小時に写真のクオリティを保持させたい

category-icon

 こんにちは。この頃のエントリーは、アップデート情報ばかりなので、たまには別の話題でも。コメントで画質のことに触れられていたので。

 ppBlogでは、ひとつの記事にいくらでも画像を貼り付けることが出来ます。その際に、サイズの大きな画像(デジカメで撮った写真など)は、アップロード時のオプション指定にもよりますが、そのままの大きさでアップロードして保存された後(これはPIXディレクトリへ)、この大きさでは表示するのに大きすぎる場合には、予め指定された大きさ(初期値は350ピクセル)に縮小され、これはPIX/s2ディレクトリへ保存されます。

 記事中に表示されるデジカメの写真などは、最初はこのPIX/s2ディレクトリにある縮小された写真が表示されている場合が多いかと思います。そして、それをクリックすると、PIXディレクトリにある元の大きさの画像を表示するという流れになっています。

 一昔前は、(コンパクト)デジカメの写真一枚のファイルサイズは、せいぜい1MB(メガバイト)程度だったんですが、この頃は、画素数の増大に伴い、3-4MBを超えることも珍しくありません。ppBlogでは、3-4MB程度のファイルサイズでもアップロード可能な処置を入れていますが、これを頻発させるとサーバーに負担をかけうるので、予めお使いのパソコンで写真のファイルサイズを小さくしてアップロードすべきでしょう。個人的には、フリーのソフトである「縮小専用。Link 」を使っています。一括処理も出来て重宝しています。Vistaであれば、標準でついているWindowsフォトギャラリーにある「修正」で、適当に修正を施した後、それを閉じれば自動的に修正されたもので上書き保存されますが、これでもそれなりにファイルサイズが小さくなります(縦横サイズはそのままで、例えば3.49MBが1.2MBになったりとか。まぁ、これでもまだアップロードするには大きいんですが)。

 さて、ここからが本題ですが、もともとファイルサイズが大きい写真をリサイズなどをしてファイルサイズを落とすと、当然ながら写真のクオリティーは低下します。更に、それをppBlogを介してサーバーにアップロードすると、そこで更にリサイズされて、画質が低下することになります。気になる方には気になる部分でしょう。

 ppBlogでは、画像のリサイズは、utils_admin.phpにあるcreate_thumbnail()関数(462行目あたり)が担っています。その中に、

  case 2 : ImageJPEG($img_out, $output); break;
という行(500行目あたり)がありますが、これはJPEG画像を出力する関数です。実は、この関数の第三引数(ひきすう)に、出力する画像の品質を指定できます。

quality はオプションであり、0(品質は最低 ですが、ファイルはより小さい)から100(品質は最高ですが、ファイルは 最大)の範囲で指定します。デフォルトは IJG 品質値(75)です。

引用元: PHP: imagejpeg - ManualLink

 現状、ppBlogでは、この部分の指定はしていないので、初期値である75というクオリティーで保存されていることになります。じゃ、他の値ではどうなるのかな?という疑問が出てきます。なので、簡単に調べてみました。Vistaに初めから付いているサンプルピクチャー(「フランジパニのクローズアップ。」by Kevin Forest氏)を元画像として、Qualityオプションを小さい方から順に10, 30, 75, 80, 85, 90, 100と指定していって、それぞれの画像を保存、そのままのファイルサイズでアップロードしたのが以下です。

 まずは元の画像です。350ピクセルにリサイズされていて(品質75)、クリックするとオリジナルのサイズで表示されます。

test0
元の画像のファイルサイズは105KBで大きさは1024x768です。

 以下、色んな品質でリサイズしていった画像を載せます。低い品質から。

test10
品質10。4.75KB。ブロックノイズが目立ち明らかに劣化している。
test30
品質30。8.4KB。ブロックノイズはだいぶ減ってはいるがモスキートノイズが。
test75
品質75。15.6KB。デフォルト値。まぁまぁ綺麗だが、目を凝らすと・・・。
test80
品質80。17.6KB。うーん。
test85
品質85。20.4KB。品質80よりノイズが減っている。
test90
品質90。25.2KB。85との違いは大きくない。
 
test100
最高品質100。ファイルサイズ70.9KB!その割りには90との違いは微妙。

 これから言えることは、JPEGの性質上、元の写真による部分もあると思うけれど、デフォルト値の75では、ノイズが少し目立ち、品質85だと明らかな改善が見られる。ファイルサイズは、15.6KBが20.4KBと約1.3倍。品質90-100は、見た目のクオリティーはほぼ変わらないにも拘わらず、品質100でのファイルサイズ増大が顕著(90で25.2KBなのが100だと70.9KB。ちなみにオリジナルは105KB)。

 なので、結論としては、初期値の75での品質が気になる方は、85-90あたりの値を指定すると、リサイズしても満足した画質が得られるんじゃないでしょうか。たった一枚のサンプル画像からの帰結ではあるけれど、まぁ妥当なところであると思います。

 というわけで縮小された写真の画質が気になる方は、utils_admin.phpの500行目あたりを、

  case 2 : ImageJPEG($img_out, $output, 85); break; // あるいは90

としてみては如何でしょうか。

 将来的には、画像アップロード時に、指定できるようにしても良いですね。


— posted by martin at 12:29 am   commentComment [9]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0087 sec.
prev
2017.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30