[ Tags :: JavaScript ]

pettieSyntaxの微調整とか

category-icon

 こんばんは、martinです。JavaScript単体で稼働するソースハイライト表示用のスクリプトpettieSyntax.jsですが、スタイルシートのクラス指定に対応したバージョン(pettieSyntax-class.js)も作成してみました。と、同時に正規表現の微調整をしています。一応、CSSソースのハイライトにも対応していますが、CSS3のセレクタLink とかは何でもありの状態なので、まぁ抜けがあったりするかも知れませんが、そこまで完璧を求めていないので。ちなみに、CSS3のセレクタは、具体例で挙げると以下のような感じです。

a[rel="external"] { /* REL属性がexternalなら外部アイコンの背景を付ける */
  padding-right: 5px;
  background: url(Images/external-icon.png) no-repeat right center;
 }
p[class~="foo"] { /* クラス名にfooが含まれていれば */
  margin: 0;
  padding: 0;
}
a[href$=".pdf"] { /* リンク名が.pdfで終わっていれば */
  background: url(Images/pdf.png) no-repeat right center;
}
a[hreflang|="en"] { /* リンク要素のhreflang属性がenで始まっていれば(enとかen-USとか) */
  background: url(Images/english.png) no-repeat right top;
}
div p:nth-child(2n+1) { /* DIVの子孫P要素で奇数番目のもの */
  background: ivory;
}

 別件ですが、JavaScriptライブラリのoParts.jsは、このCSS3のセレクタにも対応していて、例えば、

o('div:nth-child(2n+1)')

とすれば、奇数番目にあるDIV要素を一気に取得することが出来ます。お遊びですが、

<button onclick="o('ul li:nth-child(2n+1)').css('background:red');">
CLICK ME!
</button>

というコードを記述してみます。期待するのは、「UL要素の子孫のLI要素で奇数番目のやつの背景を赤にする」という動作です。

 syntax.jsの最新版とクラス対応版、およびそのCSSファイルを添付しておきます。ハイライト用のCSSファイルは、テーマのCSSファイルに追加しても良いでしょうし、以下のようにCSSファイルの中で呼び出すことも出来ます。

@import 'syntax.css';

 メンテナンスしやすいのは、上記のように別ファイルで用意しておくインポート方式でしょうか。

添付ファイル: syntax.jsattachedIcon  syntax-class.jsattachedIcon  syntax.cssattachedIcon 

 

— posted by martin at 09:37 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

pettieSyntaxがCSSに対応

category-icon

 ソースをJavaScriptでハイライト表示するpettieSyntaxLink ですが、CSSの表記にも対応しました。このせいでファイルサイズが3キロ弱になりましたが、まぁこの辺で落ち着くでしょう。

 色の指定をソースの上の方で、指定できるようにしてます。ソースを見ると、CSSの表記に対応した色指定だけ3色ありますが、これは1.タグ、2.CSSプロパティー(fontなど)、3.その実際の指定値 に対応しています。

var cssprops = ['indigo', 'slategray', 'indianred', /((?:[-#a-z0-9.,_* +:¥r¥n[¥]=]{2,}|[abipq*]))¥s*¥{¥s*[^}=]+?¥}/ig];

 実際のデモとして、このサイトのベーシックテーマに適用しているPREタグのCSS指定をば。

pre {
  font: 500 1em/1.4 "Consolas","Bitstream Vera Sans Mono","Lucida Console","Courier New",Verdana,Meiryo,monospace;
  background: #f6f6f9;
  border: double 4px #808080;
  border-width: 0 0 0 4px;
  margin: 1em auto;
  padding: 20px;
  width: 89%;
  height: 3em;
  color: #333;
  clear: both;
  white-space: pre;
  overflow-x: auto;
  letter-spacing: 0.1px;
}
body[id=weblog] pre { /* IE6以外のモダンなブラウザ用 */
  overflow: auto;
  height: auto;
}

 こんな感じです。仕様上、PHPやJavaScript用キーワードの中途半端な対応と違って、CSSのあらゆるプロパティーに対応してると思います。最新版を添付しておきます。

添付ファイル: syntax.jsattachedIcon 

 


— posted by martin at 05:34 pm   commentComment [6]  pingTrackBack [0]

ソースコード表示用の軽いスクリプト:pettieSyntax

category-icon

 こんにちは。たまにはアップデート以外の記事も書きたいので。

 前々から思っていたのですが、このブログではPHPとかJavaScriptのソースを提示することがままあります。現状、モノクロの味気ないソースコードだったので、PHPマニュアルのユーザーノートLink にあるようなカラフルな色付けにしたいなと思っていたわけです。この手のことを実現するには大きく2通りのアプローチがあって、サーバー側でハイライト表示の処理をして読み込ませる方法と、もうひとつはクライアント側のJavaScriptに解析させてその場でハイライト表示させる方法です。前者の例だと、PHPライブラリではGeSHi - Generic Syntax HighlighterLink などがあり、後者だとグーグルのgoogle-code-prettifyLink が有名でしょうか。

 でも、この手のやつって、これようのCSSファイルも用意しないといけないし、ファイルサイズはでかいし、設置が面倒そうだなと。なので書いてみました。基本的に、自分用なのでPHPとJavaScriptの一部の関数しかサポートしていませんが、まぁ、要は見栄えを良くすることが目的なので、すべてを網羅する必要はないと考えてます。PHPの組み込み関数なんて山ほどありますし。おかげで随分とサイズが小さいスクリプトになりましたが、それっぽく見えます。

 特徴としては、このスクリプト単体で動作可能ということです。他の見栄えのためのCSSファイルとかは必要ないです。記事の中のPREタグを見つけたら、その中身をハイライト表示します。初めは、PREタグに特定のクラス名を付けて、それを認識させようかと思っていましたが、そうすると過去の記事の書き換えをしないといけないし、どうせPREタグに書くのはソースコードぐらいだろうと割り切り、PREタグに絞りました。早速ですが、そのソースコードをこのスクリプトを使って表示してみます。

/*
 Lightweight syntax-analyzing script
 Copyright: modified BSD license 2008 martin
   version: 20080803.204553
*/

function pettieSyntax(){
 var cssprops = ['#c03', '#003366', '#636', /((?:[^{;_<]{2,}|[abipq*]))¥s*?¥{(¥s*[^}=_[¥]?<>]+?)¥}/ig];
 var etcetera = ['#c33', /( > | < )/g];
 var operants = ['green', /(¥/¥/¥-¥->|¥+¥+|¥-¥-|!?===?|<=|>=|=>|¥+=|¥-=|!=|&&|¥|¥|| = )/g];
 var variants = ['#669', /(¥$¥w+?¥b|var¥b¥w+¥b|@)/g];
 var htmltags = ['navy', /(<¥/¥w+?>|<¥w+|<¥?(?:xml|php)|(?:¥?|¥/)>|>)/g];
 var keywords = ['blue', /(¥b(?:alert|[Aa]rray|break|case|catch|class|charset|continue|Date|default|define|delete|do|else|false|FALSE|for|function|global|i[fn]|instanceof|new|null|Object|return|script|src|type|switch|this|throw|document¥S|TRUE|true|echo|try|typeof|var|void|while|window¥S|with|Location|version|encoding)¥b)/g];
 var decimals = ['#c69', /([¥s:¥/¥(,[+;."=>])(¥-?¥d+(?:¥.¥d+)?)(%|px|pt|em)?/g];
 var equipped = ['#036', /([¥.¥s(@>])([^'"¥(¥n=¥s<>¥/]+?)([¥( ])/g];
 var oneliner = ['#906', /('[^'¥r¥n]+?'|"[^"]*?"|<![^¥r¥n]+?¥-¥-.*?>)/g];
 var regulars = ['tomato', /([¥s(])(¥/[^¥r¥n]+?¥/)([igmy¥s¥);.])/g];
 var enoparts = ['indigo', /(¥b(?:o|oParts)¥b|¥.(?:away|moveTo|sizeTo|dimension|target)¥(¥)|¥.(?:loadScript|evt|metrics|start|css|view|each|sib))/g];
 var comments = ['#093', /([^:]|)((?:¥/¥/|#)¥s+[^'¥r¥n]+(?:¥r?¥n?|$)|¥/¥*[¥s¥S]+?¥*¥/)/g];
 var omitspan = function(m){ return m.replace(/<span[^>]*?>/ig, '').replace(/<¥/span>/ig, '');}
 var targets = document.getElementsByTagName('PRE');
 if(targets){
  for(var t, i = 0; t = targets[i++];){
   var c = t.innerHTML.replace(/<(?:span|code)[^>]*?>([^<]+?)<¥/(?:span|code)>/ig, '$1').replace(/¥t/g, '').replace(/'/g, ''').replace(/"/g, '"');
   if(/<(?:a |img )/i.test(c)) continue;
   c = c.replace(cssprops[3], function(A, B, C){ return /:/.test(C) ? '<span style=¥tcolor:'+cssprops[0]+'¥t>'+B+'</span>' + A.replace(B, '').replace(/([^:{]+?):([^;]+?);/g, '<span style=¥tcolor:'+cssprops[1]+'¥t>$1</span>:<span style=¥tcolor:'+cssprops[2]+'¥t>$2</span>;') : A;});
   c = c.replace(etcetera[1], '<span style=¥tcolor:'+etcetera[0]+'¥t>$1</span>');
   c = c.replace(operants[1], '<span style=¥tcolor:'+operants[0]+'¥t>$1</span>');
   c = c.replace(variants[1], '<span style=¥tcolor:'+variants[0]+'¥t>$1</span>');
   c = c.replace(htmltags[1], '<span style=¥tcolor:'+htmltags[0]+'¥t>$1</span>');
   c = c.replace(keywords[1], '<span style=¥tcolor:'+keywords[0]+';font-weight:bold¥t>$1</span>');
   c = c.replace(equipped[1], function (A, B, C, D){return B + '<span style=¥tcolor:'+equipped[0]+'¥t>' + C + '</span>' + D;});
   c = c.replace(enoparts[1], '<span style=¥tcolor:'+enoparts[0]+';font-weight:bold;¥t>$1</span>');
   c = c.replace(decimals[1], '$1<span style=¥tcolor:'+decimals[0]+'¥t>$2$3</span>');
   c = c.replace(regulars[1], function (A, B, C, D){return B + '<span style=¥tcolor:'+regulars[0]+'¥t>' + omitspan(C) + '</span>' + D;});
   c = c.replace(oneliner[1], function (A, B){return '<span style=¥tcolor:'+oneliner[0]+'¥t>' + omitspan(B) + '</span>';});
   c = c.replace(comments[1], function (A, B, C){return B + '<span style="color:'+comments[0]+'">' + omitspan(C) + '</span>';});
   c = c.replace(/¥t/g, '"');
   if(/*@cc_on!@*/false){
    t.outerHTML = '¥n<pre>' + c + '</pre>¥n'; /* IEの改行対策です */
   } else t.innerHTML = c;
  };
 }
};

 ファイルサイズは2キロ前後と小さいです。ppBlogで使うのであれば、とりあえずこのファイルをjsディレクトリにアップロードして、後は、lib.jsの最初の方で、このスクリプトを以下のように呼び出します。

oParts.loadScript('js/syntax.js');

次に同じlib.jsの下の方にある、oParts.start関数内で、このpettieSyntax()を呼び出せばOKです。

if(typeof pettieSyntax != UD) pettieSyntax();

 コードを見れば分かりますが、ハイライトの色はSPANタグ内でスタイルシート指定してますので、この部分を好きな色に変えれば良いです。あと、強調したいキーワードを追加したいときも、ソース内の該当箇所に追加していけばよいです。

 ppBlog使用前提なら、上のような設置になりますが、純粋に単体で動かしたい場合は、外部スクリプトとして、

<script type="text/javascript" src="path/to/syntax.js"></script>

みたく読み込ませて、ページ読み込み完了後にpettieSyntax()を呼べば良いです。

 まだろくに動作検証していないのですが、興味がある方はどうぞ。syntax.jsと、あと、ppBlogの設置例としてlib.jsを添付しておきます。

添付ファイル: syntax.jsattachedIcon  lib.jsattachedIcon 

 


— posted by martin at 01:12 pm   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

ppBlogでのgetElementsByClassName

category-icon

こんばんは、martinです。ソーシャルブックマークへのリンクアイコンを各記事に付けるようにしました。近々配布予定の最新版に採用してます。またJavaScript関連の話をば。

 愛用しているタブブラウザFirefoxの現行バージョンは2ですが、バージョン3からはネイティブでdocument.getElementsByClassNameサポートされるLink ようです。現時点でこのメソッドをサポートしている主要なブラウザは存在しないので、document.getElementsByClassNameGでググれば分かるように、皆さん、色んなgetElementsByClassNameを書いています。ppBlogのJavaScriptのライブラリlib.jsでも、この関数(getByClass)は多用しているのですが、この関数は、ページ内のオブジェクトを逐一調べていくループ作業を伴うので、一般的に言って動作に時間がかかります。

 JavaScript使いの間では、常識かと思いますが、この手の操作で一番スピードが速いのは、XPathGを利用するやり方です。jQueryGで有名なJohn Resig氏のブログに、この手の関数のスピード比較記事があります。
 →http://ejohn.org/blog/getelementsbyclassname-speed-comparison/Link

 ネイティブサポートのFirefox3が無茶苦茶速いのは当然として、XPathもDOMを解析していく手法よりはずっと高速なのが分かります。IE6,7を除くモダンなブラウザは、このXPathをサポートしているので、ppBlogでもXPathを使うようにしました。以下のような感じです。

document.getElementsByClassName(className, pElement, tagName){
 var d = document, nodes = [], item;
 try { // XPathをサポートしているならこれを使う
  var xp = d.evaluate(
   './/'+(tagName || '*')+'[contains(concat(" ", @class, " "), " '+className+' ")]',
   (pElement || d), null, XPathResult.ANY_TYPE, null
  );
  for (item = xp.iterateNext(); item; item = xp.iterateNext()){
   nodes.push(item);
  }
 } catch(e){ // そうでなければ地道にDOM解析
  var cls, items = (pElement || d).getElementsByTagName((tagName || '*'));
  for(var i = 0, l = items.length; i < l; i++){
   item = items[i];
   if(item.className){
    cls = item.className.split(/¥s+/);
    for(var j = 0, k = cls.length; j < k; j++){
     if(cls[j]==className){
      nodes[nodes.length] = item; break;
     }
    }
   }
  }
 }
 return nodes.length > 0 ? nodes : null;
}

 John Resig氏のブログにあるのと同じ実験Link をしてみましたが(パクっただけ)、彼のサイトにある、Prototype.jsのXPathを使ったもの(xpath.htmlLink )と同等か少し速いくらいですね。

 当然ながら、XPathをサポートしていないIE6,7は、通常通りDOM解析をするアプローチしかないです。こちらの計測では、XPathを利用するより5倍ほど遅いです。

 ちなみに、1つ前のエントリで紹介したphotoeffect.jsも、この関数を使用しているので更新しました。ついでに添付しておきますね。このphotoeffect.jsは、単体で動くので、ppBlog以外の各種ブログでも外部ファイルとして呼び込むだけで簡単に使えます。要望があれば、詳しいクラス指定などの解説書きますんで、その時はたずねて下さい。

添付ファイル: photoeffect.jsattachedIcon 

 


— posted by martin at 01:22 am   commentComment [19]  pingTrackBack [0]

document.write()の実行タイミングをずらす方法

category-icon

関連エントリー: Google Adsenseの表示タイミングを制御するLink

 このサイトのppBlog's webRingのリストは、BlogPeopleLink からdocument.writeで書き出しています。というかBlogPeopleのスクリプトがそうなっているのですが。で、document.writeが、HTMLソースの最初の方にあると、document.writeによる書き出しが終わるまで、それ以降のページのレンダリング(HTMLの書き出し)はストップした状態となります。document.writeによって呼び出している外部サーバー(ここではBlogPeople)のレスポンスが速ければ、ページ描画で待たされることはありませんが、たまにはレスポンスが遅くて、ページの残りがなかなか表示されないという事態は起こりえます。このdocument.writeは、広告バナーなどでも当たり前のように使われていて、メインコンテンツの内容が知りたいのに、バナー広告がなかなか表示されず、イライラしたという経験もあるかと思います。確か、GoogleのADWordsなどでも使われているのではないでしょうか。

 こういう事態を避けるには、HTMLソースの最後の方で document.write を呼び出すというのがあり、これはこれで有効ですが、そう汎用性のあるやり方ではなく、また、スクリプト(JavaScript)がHTMLの中で、あちこちに散らばるのは美しくないです。

 ここでは、document.writeの内容をとりあえず配列などに一時的に退避させといて(この間にHTMLソースの描画は進んでいきます)、ページ読み込み完了と同時に、そのストックしておいたdocument.write内容を吐き出すという方法について書いておきます。

 まず、普通にdocument.writeを含んだ外部スクリプトを呼び出すやり方。これは、BlogPeopleがこうしましょう、と述べているものです。

<script type="text/javascript"
  src="http://www.blogpeople.net/display/usr/0f0d40535b5b4103.js"
  charset="euc-jp"></script>

これの実際の中身は、次のようになっています。

document.write('<div class=¥'blogpeople-main¥'>');
document.write('登録されたサイト')
     :
     :
document.write('</div>');
document.write('<div class=¥'blogpeople-powered-by¥'>');
document.write('<br /><a href=¥'・・・¥' target=¥'_blank¥'><img src=¥'・・・¥' border=¥'0¥' alt=¥'Powered By BlogPeople¥' /></a>');
document.write('</div>');

ここに使われているdocument.write内容をとりあえず配列に入れておけば良いのですが、それには次のようにします。

(function(){
  var alts = []; // document.writeの内容を入れておく配列を準備 
  d._write = d.write; // オリジナルはコピーしておく
  d.write = function(s){ alts.push(s);} // d.writeを新たに定義
  var src = "http://www.blogpeople.net/display/usr/0f0d40535b5b4103.js";
  var script = d.createElement('script');
  script.setAttribute('type', 'text/javascript');
  script.setAttribute('charset', 'euc-jp');
  script.setAttribute('src', src);
  d.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(script);
  addEvent(window, "load", function(){
   o("_webRing").innerHTML = alts.join(""); // 指定した場所に流し込む
   d.write = d._write; // d.writeを元の定義に戻しておく
  });
 }());

 ポイントは、既存のdocument.writeを新たに、

document.write = function(s){ alts.push(s); }

と再定義している点です。ここではaltsという配列に退避させています。こうすることで、document.writeによる書き出しを待つことなく、残りのページレンダリングを進めていくことが出来ます。このスクリプトで、SafariでもIE6でもFirefoxでもきちんと動くことを確認しています。

 小生のブログであるmartin.p2b.jpのwebRingLink と、このサイトにあるwebRingLink とは同じ外部スクリプトを呼び出しているのですが、比較のために、このサイトのwebRingは上記の手法で、martin'sの方は従来の方法で呼び出しています。BlogPeopleのサーバーレスポンスは素早いので、なかなか差が実感できにくいかと思いますが、このサイトのやつは、(サイドバーのHTMLソースはdocument.writeよりも後にもかかわらず)サイドバーが先に表示されて、最後にwebRingのリストが表示されるのに対して、martin'sの方は、HTMLソースの順序通り、webRingリスト→サイドバーという順序で表示されています。

 ちなみに、このサイトのwebRingは、ppBlogの「ページ作成機能」を使って作成しているのですが、具体的に、どのような内容になっているのか、理解の一助のために添付しておきますね。

 まぁ、こんなアプローチもありますよということで

添付ファイル: webRing.txtattachedIcon 

 


— posted by martin at 05:09 pm   commentComment [14]  pingTrackBack [1]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0075 sec.
prev
2017.10
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31