v1.8.1にアップデート

category-icon

 こんばんは。フォーラムの方で、2点ほど不具合の報告があったのと、後、こちらでいくつか修正したところがあるので、それらに対応したv1.8.1をリリースしました。

 このバージョンで、テーマを少し作りやすくしようと思ったので、その影響で、新しい変数が定義されたりしてます。具体的には、従来の$DIVISION['login']というのが$DIVISION['loginfo']に変更になって、新たに$DIVISION['login'], $DIVISION['logout'], $DIVISION['control']というのが用意されました。$DIVISION['loginfo']というのは、ログインした状態で、例えば「martinとしてログイン中」と表示されるやつです。この指定は必須ではありません。同様に、新たな変数も特に指定する必要はないのですが、説明をしておくと、$DIVISION['control']は管理画面へのリンクに使用して、$DIVISION['login']や$DIVISION['logout']は、ログイン関連のリンク用です。

 具体的には、テーマのtemplate.phpで使用することが出来ます。実は、v1.8.1向けにシンプルなテーマを作成しているLink のですが、その中で、以下のように使っています。

$DIVISION['control'] = ' <li class="control"><a href="admin.php?mode=control"><img src="theme/3colv2/Images/control.png" alt="Control" /></a></li>';
$DIVISION['login'] = ' <li class="login"><a href="admin.php?mode=login"><img src="theme/3colv2/Images/logging.png" alt="login" /></a></li>';
$DIVISION['logout'] = ' <li class="logout"><a href="admin.php?mode=logout">ログアウト</a></li>';

 ppBlogのテーマを作ろうと思った際に、何が大変って、index.phpの中で定義されている$DIVISION['linkbar'](リンクバー)の画像ファイルを用意することかなぁ、というのがあって、まぁこれはスタイルシートの指定によって画像を非表示とかにも出来るんだけれど、もっと柔軟に扱えた方がよいと思いました。リンクバーは、template.phpの中で%_LINKBAR_%として使用できますが、上に挙げた新しいテーマ(3colv2)では、この変数は使用していません。変わりに、%_CONTROL_%%_LOGGING_%という変数をtemplate.phpの中で使用しています。ちなみに、%_LOGGING_%という変数は、$DIVISION['login']と$DIVISION['logout']に対応していて、ログインしていないときは、$DIVISION['login']で指定した内容が表示され、ログインしている際には、$DIVISION['logout']の内容が表示されるようになっています。

 ちなみに、新しいテーマでは、極力画像ファイルを排したシンプルなものにしたつもりです。3カラムと1カラムの切り替えが可能です。カレンダーは、OL要素を使用したものとなっています。

 このOL要素のカレンダーを使おうと思って、この出力のバグを見つけたので、これの修正もしてます(calendar.inc.php)。その他、修正した点を列挙しておきます。

  1. モブログで、ユーザー投稿の投稿名が正しく反映されないのを修正(mob.php)
  2. モバイル向けの表示(モバイルモード:moby.php)で記事の削除が効かないのを修正(utils_admin.php)
  3. 記事作成時に、Youtubeへのリンクを貼る際、適切に動画へのIDを抽出するように(editor.js)
  4. Firefoxがdocument.querySelectorAllに反応してしまうのを修正(photoeffect.js)
  5. 記事に対する最初のコメントが管理者だった際に、画面スクロール関連でJavaScriptエラーが出るのを修正(lib.js)
  6. ソーシャルブックマーク絡みで、Ajax関連の挙動がおかしいのを修正(ajax.php, lib.js)
  7. 最近のトラックバックの数を正確に定数RECENT_TRACKBACKSに合わせるように(cache.php)
  8. 後は、非公開コメントの際に、クッキーが有効であるなら、「クッキーが有効である必要があります」という文面を出さなくしたりとか(comment.inc.php)、ページ作成用のスクリプト(pages.inc.php)のアップデート

ってことですかねえ。あ、テーマに関して、新しくクラス名として、shown-aloneというのを用意してます。これは、単独記事表示の際に、以下のような感じで付加されます。

<div class="article-content shown-alone">

あまり使いどころはないかもしれませんが、上の新しいテーマでは使っています。

 例によって、v1.8.0からの差分ファイルを添付しておきます。単なる上書きでよいでしょう。また、このリリースに合わせて、ppBlog用のテーマチェッカーも更新しました。@importを使用した外部CSSファイルの読み込みみも対応したつもりです。これも添付しておきますね。このptc.phpは、トップディレクトリにアップロードして、ログインした状態でアクセスすれば使用できます。

 

添付ファイル: DIFF090421.zipattachedIcon  ptc.phpattachedIcon 

— posted by martin at 03:46 am   commentComment [15]  pingTrackBack [0]

v1.8.0のutils.phpアップデート

category-icon

 こんばんは。前回のエントリーでv1.7系からv1.8にバージョンアップする際の差分ファイルを添付していましたが、ソーシャルブックマーク関連の画像ファイルやらスタイルシート関連の説明が抜けていました。

 v1.8からは、複数記事表示の際は、ソーシャルブックマークエントリーのためのボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、その動的に作成された、各ソーシャルブックマークへのアイコンがボックス表示されるようになります(template.php%_ARTCL_SBM_%を有効にしている場合です。この指定は従来通り)。

 この動的に作成されたボックスは、以下のようなHTMLをはき出します。

<div class="sbm-pop" id="SBM1238692993">
  <p class="sbm-close"><img style="cursor: pointer;" src="Images/button-close.png" alt="close" title="閉じる" onclick="this.parentNode.parentNode.style.display='none';" /></p>
  <p class="sbm-intro">各種ソーシャルブックマークにこのエントリーを登録できます。</p>
  <ul>
   <li><a rel="nofollow" href="(省略)"><img src="Images/bookmarks/hatenab.png" title="この記事をはてなブックマークに追加" width="16" height="12" alt="はてなブックマーク"/> はてなブックマーク</a></li> 
   <li><a rel="nofollow" href="(省略)"><img src="Images/bookmarks/deliciousb.png" title="この記事をdel.icio.usに追加" width="14" height="14" alt="del.icio.us"/> del.icio.us</a></li> 
   <li><a rel="nofollow" href="(省略)"><img src="Images/bookmarks/livedoorb.png" title="この記事をlivedoorクリップに追加" width="14" height="14" alt="livedoorクリップ"/> livedoorクリップ</a></li> 
   <li><a rel="nofollow" href="(省略)"><img src="Images/bookmarks/twitter.png" title="この記事をTwitterに追加" width="14" height="14" alt="TwitThis!"/> TwitThis!</a></li> 
   <li><a rel="nofollow" href="(省略)"><img src="Images/bookmarks/facebook.png" title="この記事をfacebookに追加" width="14" height="14" alt="facebook"/> facebook</a></li> 
   <li><a rel="nofollow" href="(省略)"><img src="Images/bookmarks/buzzurlb.png" title="この記事をBuzzurlに追加" width="14" height="14" alt="Buzzurl"/> Buzzurl</a></li> 
   <li><a rel="nofollow" href="(省略)"><img src="Images/bookmarks/yahoob.png" title="この記事をYahoo!ブックマークに追加" width="16" height="16" alt="Yahoo!ブックマーク"/> Yahoo!ブックマーク</a></li> 
   <li><a rel="nofollow" href="(省略)"><img src="Images/bookmarks/googleb.png" title="この記事をグーグル ブックマークに追加" width="14" height="14" alt="グーグル ブックマーク"/> グーグル ブックマーク</a></li> 
 </ul>
</div>

 上にあるように、新しくsbm-popsbm-intro, sbm-infoなどのクラス名が指定されています。テーマ:ベーシックでは、これに対応するCSSは以下の感じです。

div.sbm-pop { padding: 2px; font-size: 12px; width: 250px; background: ivory; border: solid 3px green; z-index: 1000;}
div.sbm-pop ul { list-style: none; padding: 10px;}
div.sbm-pop ul li { margin-top: 5px;}
div.sbm-pop .sbm-close { text-align: right;}
div.sbm-pop .sbm-intro, div.sbm-pop .sbm-info { padding: .5em 1em;}

 単独記事表示の時は、今までのように、各ソーシャルブックマークへのアイコンが表示された状態となります。

 このソーシャルブックマーク関連で、生成したボックスに含まれるLI要素の対応がおかしかったので、utils.phpの2000行から始まるsocialBookmark関数を少し修正しました。

 このutils.phpと、ソーシャルブックマークへのエントリーアイコンを添付しておきます。これらのアイコンのうち、sbm.pngは、トップディレクトリのImagesディレクトリにアップロードして下さい。また、facebook.pngとtwitterのアイコンは、同じImagesディレクトリの中にあるbookmarksディレクトリにアップロードして下さい。

添付ファイル: DIFF090410.zipattachedIcon 

— posted by martin at 08:48 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ppBlog1.8.0のリリース

category-icon

 こんにちは。最新版の1.8.0は試用版扱いでしたが、とりあえず正式版としてリリースします。1.8.0試用版からの差分(DIFF180RC)と、v1.7.7からの差分(DIFF177)を添付しておきます。

 アップデートに関して、特にログをいじることもないので、そのまま各種ファイルを上書きすれば良いと思いますが、念のためログのバックアップは、取っておくのが良いでしょう。

 テーマに関しては、カレンダーの出力が従来と少し違っています。土曜日だとか日曜日の指定は、従来は、TD要素の中のSPAN要素に対してクラス指定していましたが、これらは、TD要素に対しての指定に変更になっています。テーマBasicでの例を挙げると以下のような感じです。

#calendar table td.daySubmit {
  background-color: #eaeaf4;
}
#calendar table td.Sun, #calendar table td.Holiday {
  color: rgb(250,90,70);
}
#calendar table td.Sat {
  color: navy;
}
#calendar table td.Today {
  color: rgb(5,170,50);
  font-weight : 600;
}

 しぃペインターのためのモジュールに相当するppdraw.phpも最初から付いてます。これは、index.phpと同じディレクトリに置いて下さい。これ単独ではお絵かきは出来ませんで、同じくindex.phpと同じディレクトリにspainter_all.jarが必要です。このファイルは、ここでの配布版には含まれないので、お絵かき機能を使ってみたいという方は、しぃペインターの配布サイトLink からsptr_all1114.zipを入手して、そこに含まれるspainter_all.jarをアップして下さい。この状態で、管理画面の「新規作成」や記事の編集時のエディタに「しぃペインター」というボタンが表示されます。

 なお、描いた絵を、アニメーション再生するしぃペインターのプラグインにも対応していますが、これは前回のエントリーLink を参考に。

 とりあえず。

添付ファイル: DIFF180RC.zipattachedIcon  DIFF177.zipattachedIcon 

— posted by martin at 09:55 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

しぃペインターのアニメーションを入れてみる

category-icon

 こんばんは。しぃペインターのアニメーションを入れてみます。比較的簡単に実装できた様です。しぃペインターのアニメーションファイルであるPCHファイルを再生するには、専用のビューワーであるPCHViewer.jarが必要で、後、補助として、res.zipファイルも必要のようです。これらのファイルは、しぃちゃんさんのサイトLink からダウンロード出来ます。

 これら2つのファイルをmodulesディレクトリに入れます(res.zipは解凍せずにこのままで)。後は、作成したPCHファイルを、以下の形式で指定すればOKです。

[media:ppdraw1238971539.spch:300:pch/]

 わざわざ、この形式を書き出すのはメンドイので、「動画サイト選択」のプルダウンメニューに「PCHファイル」という項目を追加しました。これで、上の例で言えば、テキストエリア内にppdraw1238971539.spchという文字列があれば、それを上のmedia形式に書き換えます。

ppdraw1238971539
例によってマウスで適当に。所要時間は1分ほど。

 尚、生成されたPCHファイルは、初めは、キャッシュディレクトリに作られます。便利なことに、このPCHファイルは、しぃペインターで呼び込むことが可能です。なので、レジューム機能(再開)も利用できるようにしてます。管理画面エディタの「しぃペインター」ボタンを押すと、このディレクトリにあるPCHファイルをリスト表示するので、その中から任意のPCHファイルを選択できます。また、この画面で「通常モード」か「プロモード」かを選べるようにしました。


— posted by martin at 09:33 am   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

ppBlogへのしぃペインターの組み込み

category-icon

 こんばんは。お絵かきツールであるしぃペインターをppBlogに組み込むテストです。

 手順は以下の通り。
  1. しぃペインターの配布サイトLink からsptr_all1114.zipを入手する。
  2. ppdraw.phpspainter_all.jar(しぃペインターで必要なのはこのファイルだけ)をサーバー上のトップディレクトリにアップロード。
  3. upload.phpwrite.inc.phpedit.inc.phpをお絵かき用のものへ更新する。

 以上の手順を踏むと、以下のようなボタンが、書き庫画面に現れます。

ppdraw2

 このボタンを押すと、下図のようなしぃペインターのお絵かき画面が出てきます。適当に絵を描いて、しぃペインターの「投稿」ボタンを押すと、普通にppBlogで画像をアップロードした時のような画面になるので、後はいつも通りです。

ppdraw

 下の絵は、これで描きました。投稿の幅が拡がって良いかなと思います。

ppdraw0402232222
マウスで適当に描きました。

 これらのファイルを添付しておきます[ppdraw.php, upload.php, modules/write.inc.php, modules/edit.inc.php]。こららのファイルは、ppBlogのバージョンでそう変わらないと思うので、バージョン1.6以上とかなら動く気がしますが、未確認なので、上書きの際は元のファイルのバックアップを取って置いて下さい。

ppdraw.phpの21行目あたりにユーザーで設定出来る箇所があります。

define('WIDTH', 300);  # 出力される画像の縦サイズ
define('HEIGHT', 300); # 出力される画像の横サイズ
define('MODE', 0);     # 通常モード[0]か、プロ仕様[1]か

 しぃペインターのモード(通常版かプロ版か)を指定出来ます。最初は、通常版の指定です。こちらの方が分かりやすいかなと思いますので。しぃペインターの使い方については、以下のリンクが詳しいです。

しぃペインターの使い方(しぃペインター講座)Link

添付ファイル: ppdraw.zipattachedIcon 

— posted by martin at 06:24 am   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0335 sec.
prev
2009.4
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30