HTML5によるファイルアップロードスクリプトの配布

category-icon

 おはようございます、martinです。前々回ぐらいに、HTML5を用いたプログレスバー付きのファイルアップロードのデモを示しました。この手のスクリプトは、プログレスバーの表示にFlashやJavaを用いていることが多いのですが、ファイルサイズが大きくなる傾向になったり、設置がややこしかったりします。

 何件かソース希望のリクエストがあったので、ppBlogからのスピンアウトとして配布しようと思います。配布するやつは、PHPとJavaScript(+CSS)だけでプログレスバーを実現していて、設置も比較的簡単ではないでしょうか。添付ファイルを展開すると以下のファイルが含まれています。

  • index.html(ここにアクセス)
  • fileUpload.php(PHPでのファイルアップロード処理用)
  • oParts.js(プログレスバーのためのJSライブラリ)
  • progressbar.png(プログレスバーの画像)
  • PIX(アップロードした画像を保存するフォルダ)

 基本的には、展開したフォルダを然るべき場所にまるごとアップロードして、index.htmlにアクセスすればOKかなと思います。サーバーによっては、PIXディレクトリのパーミッションの指定が必要かもしれません(707とか)。

 画像を保存するディレクトリは、PIXにしていますが、これは適当に名前を変えても良いでしょう。fileUpload.phpの最初の方で指定出来ます。

$pix_dir = 'PIX/'; // 画像を保存するディレクトリ。パーミッションは707とか。

 うまく動けば、アップロード中は以下のような画面になっているかと思います。

shot

*あくまでサンプルです。最低限の実装なので、セキュリティ関連は、各自でいじって下さい。JavaScriptをいじれば、プログレスバーに加えて、全体の何パーセントが完了みたいなことも出来るでしょう。

添付ファイル: MultipleFileUpload.zipattachedIcon 

     

— posted by martin at 02:29 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [1]

この記事に対するコメント・トラックバック [1件]

scrollUp1. pligg.com Website — 2010/06/03@01:35:58

配布するやつは、PHPとJavaScript(+CSS)だけでプログレスバーを実現していて、設置も比較的簡単ではないでしょうか。添付ファイルを展開すると以下のファイルが含まれています。
続き »

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~

     
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0165 sec.
prev
2017.2
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28