JavaScript周りのことをば

category-icon

 おはようございます。最新版のリリースに向けて、近頃はそれなりに時間を充てています。ppBlogでは、JavaScriptはかなり重要な位置を占めています。一応、JavaScriptオフでも閲覧には問題ないとは思うのですが、管理モードなどでは必須です。

 で、ppBlogでの主要なJavaScriptライブラリである、js/script.jsの見直しを進めているところです。この中で、windowのonloadイベントには、いくつかの関数を割り当てています。これまでは、

addEvent(window, "load", function (){
 roundedStyle();
 quotedStyle();
 initCSSHover();
 if(moz) hackFirefoxToolTip();
});

でしたが、これだと、HTMLのDOMエレメントのみならず、外部リンクや画像やらも読み込んだ後でないと発動しません。画像など読み終えてなくても、DOMエレメントを読み込んでパースした時点で動く関数などはさっさと動いて欲しいものです。このようなことは誰もが思っているみたいで、JavaScriptマスターのDean Edwardsは、Firefoxに DOMContentLoaded という隠し属性みたいなやつを見つけて、それで、ごにょごにょやっています。→ The window.onload Problem - Solved!Link

 でも、個人的には、あまりスマートな方法には見えないんで(IE向けには外部スクリプトを別に用意しないといけないし)、自分なりにも考えてみました。そもそも、IEにあるdocument.readyStateG みたいなやつが標準で提供されていれば、みんな悩まずに済むのだけれど、ないから仕方なし(IEでも、挙動不審なところがあるようだし)。

 で、原始的な方法ではあるが、DOMエレメントの数を取得する d.documentElement.getElementsByTagName("*").length をミリ秒単位で監視しておき、それがプラトーに達した時点を読み込み完了とするというアプローチでスクリプトを書いてみた。こんな感じ。

DOM = {
 ready : false,
 size : d.documentElement.getElementsByTagName("*").length,
 check : function(){ DOM.ready ?  DOM.onload() : DOM.update.await(100)(DOM.size); },
 update : function(i){
  if(d.documentElement.getElementsByTagName("*").length==i){
   DOM.ready = true;
   DOM.onload();
  } else {
   DOM.size = d.documentElement.getElementsByTagName("*").length;
   DOM.update.await(50)(DOM.size);
  }
 },
 onload : function(){}
}
DOM.check();

 あまり深くは考えていないけど、これで期待通りの動作をしている感じ。このサイトのppBlogでは、先ほどのwindow.onloadのイベントを、こっちに割り当てて、

DOM.onload = function(){
 roundedStyle();
 quotedStyle();
 initCSSHover();
 if(moz) hackFirefoxToolTip();
}

というふうにしています。このやり方だとブラウザを選ばなくてベターではなかろうか。アイコン画像なんかを全部表示していなくても、DOMツリーを読み込んだ時点で発動します。エドワーズのとこにあるデモのスクリプト(http://dean.edwards.name/my/busted.htmlLink )に似せて同じことをDOM.onload で実現したサンプルを載せておきます。→http://p2b.jp/demos/busted.htmlLink

 ちなみに、Functionオブジェクトに、新たにawaitというメソッドを定義してそれを使っています。まぁ普通にsetTimeoutでやれば良いのだけれど、勉強がてら。JavaScriptマスターである最速インターフェース研究会さんのエントリーを参考にしました。→ Function.prototypeを拡張して遅延実行を実現する Link

 まだよく理解していないので違うかもしれないけれど、このawaitメソッドをまねて、loopというのを定義しました。正しいのかな? 狙いとしては、limitで指定した回数だけ、msミリ秒おきに関数を実行するというやつです。

Function.prototype.loop = function(ms, limit){
 var count = 0, self = this;
 return function(a){
  if(limit <= count) return;
  count++;
  self.await(ms)(a);
  arguments.callee.await(ms)(a);
 }
}

 今のところppBlogでは、これは使っていないけど使うかもしれない。簡単な例としては、

var func = function(v){alert(v);}
func.loop(1000,3)("1秒おきにアラートを3回表示");

とか。

 あと、ログインの際にAjaxを使って、少しだけログインの手順を減らすというのを考えています。その際にAjaxのPOSTメソッドでユーザー名とパスワードを送信するのですが、このままだとセキュリティー的に気持ち悪いので、MD5で暗号化してから送信するようにする予定です。大まかな動作は確認出来ています。とりあえず。(あぁ、コメント数がマイナスになるのも直さないと・・・)

— posted by martin at 07:18 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~

     
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0260 sec.
prev
2006.5
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31